FC2ブログ

ハンドレッドベリーズさんの山形産レモン  

荷物が届いたので何かな?と開けてみたらハンドレッドベリーズの石岡さんから山形産のレモン!雪の山形で栽培したレモン、最近話題になっていてマスコミやネットで報じられていて人気になっているレモンです。山形市のど真ん中でハウスで大事に育てられた無農薬レモンは、育ちが良い分若干値が張るかもしれませんが皮ごと使いたい、山形産が欲しい人が予想以上に多いようです。

綺麗なレモン。石岡さん有難う~♪大事に実験します♪
201901191.jpg

最初はパッションフルーツがご縁でした。
201901192.jpg


●日経新聞の記事へ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25576770R10C18A1L01000/




Posted on 14:40 [edit]

category: 食and農

tb: --   cm: 0

石窯料理のイタリアン  

今日は米沢市にて出張相談会。お昼はタントグラッツェさんという石窯料理が自慢のイタリアンのお店へ。地域食材を使った料理を手作りしているお店です。遠方からお越しになっていた知人グループに遭遇しました。

写真はアントシアニンが豊富なビルベリーで作った自家製ビネガーのソーダ割り。初ビルベリーでしたが酸味がいいですね。料理がさっぱりいただけます。
bberry30190117.jpg

ブロッコリーとパンチェッタのクリームパスタ。寒い時はクリーム系を選んでしまいますね。行くたびに進化しているメニューが楽しみなお店です。
201901172.jpg

Posted on 23:32 [edit]

category: 食and農

tb: --   cm: 0

ビジネス塾  

昨日は山大農学部の公開講座「食と農のビジネス塾」の中間発表会で、一日受講者の方々のプレゼンを聞き意見交換。前日夜にNHKで取り上げられたこともあり、昨年や一昨年お受講者が顔を出してくれたり、NHKの記者武藤さんがDVDを持ってきて下さったり、受講者が農産物を持って来てくれたりとプレゼンの間のお休み時間も賑やかで活気がありました。終了後は場所を移して第二部の忘年会へ。受講者の熱い話をお聞きしたり、サポーターとしてお越し頂いているJAや行政のOBの方々と情報交換したりと楽しいひと時でした。

このビジネス塾は6次化だけでなく、新規就農する農業者が農業ビジネスで事業計画を作成するケースもあり多様なビジネスが検討されています。かなり幅広い内容になるので講師陣の他に農業関連のサポーターも入って幅広に具体的な助言を受けられるのがポイント。昨日は受講者OBから畑を探している人に自分のところの畑を提供する話があったり、ある作物が栽培されていない理由が明らかになったりと私も参考になりました。

Posted on 15:22 [edit]

category: 食and農

tb: --   cm: 0

食と農のビジネス塾  

今日は一日、山大農学部の食と農のビジネス塾。朝イチで校門前に集合し、新車となった大学のマイクロバスで売場視察に出発。地元のスーパーと観光施設で話を伺い、売場調査を開始。戻って午後からはビジネスプラン作成。次回は中間発表会になります。終わってからは、販売事業者が仕入れの案内に来ていたり、受講者の試作品を試食したり。

今日はNHKの取材も入りました。

20181208070251c0f.jpeg

Posted on 23:03 [edit]

category: 食and農

tb: --   cm: 0

ジャンボン・メゾンさんから  

宮城県の岩出山という地域に、ジャンボン・メゾンという小さくてちょっと素敵なハム&ソーセージ屋さんがあります。ご縁を頂いたのはたぶん4年ぐらい前。初代社長と後継者(現社長)の娘さんとお会いし、開業動機が海賊映画、農業をやめて47歳でハム工房を立ち上げた際に独自のアイデアとドイツ語の文献を手にトライ&エラーの日々を繰り返しご飯に合うハムを目指した事等、ご年配の穏やかな顔立ちの経営者から情熱的で刺激的な創業のお話を伺い、たぶん同行していた支援機関の担当者も私も一緒に聞いていたご家族もジーンとシビレたのを覚えています。その後まもなく、会社を引き継ぐ事を迷っていた彼女が社長に就任しました。

201812081.jpg


輸入された加工技術が主体だった頃に日本人の食卓に合うハムというコンセプトで和食の食材を用いた事が価値になると、独自の方法で製造してきた製品は質の良いごはんに合うハム。直ぐにコンセプトをまとめ、商標登録をして営業展開し数年。後継者は経営者となり力強く商品開発や営業開拓に取り組んでいて、この度新しい商品を送って頂きました。原材料を大崎市の漢方三元豚を使用した、一頭から20セットしか作れない限定商品なのだとか。もったいないので写真を撮り、彼女のこの数年の仕事をじっくり観察中です。近いうちにお会いしましょう。

最近私の周囲には女性経営者、女性役員の方々が増えています。市場を切り開くタイプの方が多いので、いつかこの中から時代を切り開くような方が登場するかもしれません。

Posted on 19:23 [edit]

category: 食and農

tb: --   cm: 0

カレンダー

最新コメント

カテゴリ

プロフィール

天気予報

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード